Kyotokuの仕事

 鋼は、製鋼所で圧延されたままの状態では、表面の酸化皮膜や目に見えない微細な欠陥、あるいは寸法精度、真直性などの問題によって、そのままでは用途が限られてきます。
また圧延ではその生産性の為に、多様な寸法要求に対し細かく対応することが出来ません。
そこで生まれたのがミガキ棒鋼です。
日本のミガキ棒鋼は、明治45年ころ生駒山の麓、大阪・枚岡地区において、生駒山系から流れる豊富な水力を利用して水車動力によって生産が始められました。

金属を加工する方法はいろいろとありますが、ミガキ棒鋼はそのなかの塑性加工を主な加工方法とします。
塑性加工とは、金属が持つ性質のひとつである可塑性、即ち適切な荷重を加えると破壊することなく永久的に変形する性質を利用して金属を加工する技術で、2つの主たる目的があります。
1.金属を最善の方法で所定の形状にする。
2.金属の性質を改善する。
形状と性質の様々な組み合わせのうちの最も適切な組み合わせを求める過程の中で、加工方法も改良され発展してきました。
Kyotoku の加工方法は塑性加工のなかでも、冷間加工と呼ばれ、金属を加熱せず常温のままで加工する方法です。

冷間加工って?

塑性加工を行う場合、加熱して高温で行う方(熱間加工)が変形も容易で、比較的小さい動力で大きく変形させることが可能です。
しかも粗大な結晶粒を微細化して機械的性質を改善することが出来ます。
しかしながら薄い板や細い線などのように冷え易いものは加工が困難であったり、それ以外にも製品の表面に酸化皮膜(スケール)が生成され荒い面になったり、加工中あるいは加工後の温度分布が不均一になって、形状、寸法の精度が期待できないという欠点があります。
熱間圧延や鍛造等がその代表的な例です。
 それに反し冷間加工は変形には比較的大きな力を必要としますが、寸法・形状の精度は良好で、加工を加えられることによって鋼が硬化し強い性質が得られ、さらに酸化皮膜・脱炭もなく平滑な表面を確保できるという大きな利点があります。
熱間加工は加工の際に硬化現象がまったく起こらない再結晶温度以上で行う加工方法をいい、冷間加工は加工にともなって硬化現象を起こす再結晶温度以下で行う加工方法だということが出来ます。

製造方法

ミガキ棒鋼の製造方法には
ダイス(金型)を通し冷間で引き抜き加工する。
バイトで切削加工する。
センターレスグラインダーでBar材表面を研削加工する。
といった方法があります。
   
また、素材形状と製品形状の関係から分けると
Bar素材からBar製品に引き抜き加工する(引き抜き)
Coil素材からBar製品に引き抜き加工する(連続引き抜き)
Coil素材からCoil製品に引き抜き加工する(伸線)
に分けられますが、更に、素材に熱処理加工を加えたあと引き抜き加工したり、一度引き抜き加工を施した後に更に熱処理を加えたり、あるいは最終の仕上げを研削加工で行なったりといったふうに、組み合わせを変えることよって何通りもの加工工程が考えられます。
Kyotoku は、お客様のご要望に合わせて最適な工程を設計し、お客様に満足の頂ける製品を安定して供給いたします。
 
ミガキ棒鋼には
圧延材表面の酸化皮膜を化学的、或いは機械的な方法で除去したあと、冷間で加工されるので
表面に酸化皮膜が生成されない
加工後の表面状態が清浄なので、定量的に微細欠陥の自動検査が出来る
少量多品種の生産が比較的容易なので、あらゆる寸法の要求や少量からの対応が可能
中間工程の設計によって、最終的な製品の機械的性質の調整が可能
といった特徴があります。
 
昔は字の如く棒状のもの(Bar材)が主流でしたが、その後の圧延技術・冷間加工技術の向上により、現在は棒状のものよりも線状のもの(Coil材)の生産の方が多くなっています。
Bar材は主に切削加工・転造用などに、Coil材は冷間圧造(Cold Header)用に主として使用されます。
Kyotoku は、Bar材・Coil材をほぼ半々の割合で生産して、お客様のご要望にお応えしています。

引き抜き:伸線

穴のあいたダイスに素材を通し、決められた寸法に引き落とすことを引き抜きといいます。
一般的には、製品がBarの場合を「引き抜き」、Coilの場合には「伸線」と呼ぶことが多いようです。
素材よりも細い寸法であれば、どんな寸法にも加工は可能です。
ダイスのなかで一番重要な部分である製品の形と寸法を決める部分は、超硬合金で作られています。
この部分の形を変えれば、丸の素材から六角や四角あるいはそれ以外の形の製品を作ることも可能です。

主な用途

Kyotoku の製品はOA機器・工作機械や住宅産業などのあらゆる産業で使われていますが、そのなかでも特に多く使われているのが自動車産業です。Kyotoku が生産する製品の約75%が自動車産業で使用されています。
その用途は、ボルト・ナットからパワートレイン・サスペンション・ミッション・ステァリングといった重要保安部品にいたるまで、自動車のあらゆる部品に使われています。
Kyotoku の長年培われてきた高い技術力は、お客様の厳しい品質要求に応え、コスト・品質・納期、全ての面でお客様にご満足の頂ける製品を安定して供給しています。

更新日

©Copyright 2001,Kyotoku co.ltd.,All Rights reserved.